忍者ブログ

日記

  

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

私の、人には言えないここだけの秘密・・
(と言うと大げさですが)

それはなにかと言うと

「部屋に本が多すぎる」そして「本を買いすぎる」

という(悪い?)クセです。

正直、びっくりするぐらい買います。

部屋には読みきれないほど英語学習のための参考書や
洋書、雑誌、新書、専門書・・
さらには、捨てられないコピー紙やノート類がたくさん・・

「通訳の勉強のため」という大義名分があれば
いくら買ってもいいのか?
いくら部屋に積み上げてもいいのか?
というほど、あります。

正直に言うと、相当、恥ずかしいです。
部屋中、書類だらけ。

でも、本を買わずにはいられないのです。


大半は、読まずに飾ってあるだけで、無駄になります。

しかし、一部はすごく活用して、ものすごく
役に立つものがあるんです。(勉強や、人生において)

その本にいたく感動して、その本に出会えてよかった!と思う。

その成功体験が、更なる本買いへと、私を突っ走らせる。

じゃあ、最初から役立つものだけ選りすぐって、買えばいい、
というのが正論なのですが、
なかなか、そううまい具合に本って買えない。

というのも、買ってすぐ必要でなくても、
部屋の片隅に寝かせておいたら、突如
猛烈にその本が必要になる時が来たりする。

「部屋の片隅に寝かせてある」
というのがけっこうポイントだったりするんですよねえ。

本を読む、ということより、本に囲まれている、という状況が
好きなのだと思います。

なにより、本屋さんに立ち寄って、カゴを片手に
好きな本を買えることが私にとって唯一無二の
リフレッシュ方法、というところがあります。

昔から本屋さんが、大好きなのです。
もちろん図書館も大好きです。昔、かなり通っていました。

今独身で自由の身だからこんな贅沢(バカなこと?)も言ってられるん
だろうなあ、と思います。

・・結婚したらどうするのかしら。

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
  dreamさん、前から感じてたけど、私とかなり似てるかも。私も本屋に行くと買わずに出られない。読まない本が部屋中にたっくさん、という状態です。結婚して子供が三人、家計も苦しいのに、やめられません。病気かも。最近はアマゾンもあるから、この病気なかなか治りそうもありません!旦那もあきれて見てますが、ストレス解消できるなら安いもんだ、と言ってくれてはいます。本なら許してくれる人、多いと思いますよ。
mika 2008/06/19(Thursday)06:09:43 Edit
mikaさんへ
  おお!ご結婚されても続いておられるのですね!私もきっとそうなります(笑)私もほぼ、病気だわって思ってるんです。アマゾンは本当にキケンですよね!すごく分かります!
高価なブランドだの、貴金属だのにハマっているわけじゃないから、まだ安いもんだ、とは思うのですが・・。「本で破産した人はいない」って知り合いも言ってました。要は、買った本をいかに、自分の血となり肉とするか、っていうところが大事ですね。

貴重なコメントありがとうございます!
dream 2008/06/19(Thursday)07:24:08 Edit
ブックオカ(古本売り)
  ご無沙汰です。
健 高下駄です。

私も本はついつい買います。
特に英語の本は最近は、ハードカバーの本を買うようになりました。ペーパーバックの出版まで待てないのです。私の好きなのはノンフックション。
最近買ったのは、what happend、元報道官の暴露もの。
china(fragile superpower)これは翻訳本あり。

確か東北の地震で本の下敷きになって
云々との記事。

私の部屋には、本が、英語の本と日本語の本が一杯あり、もし地震が起きればその下敷きになって危ないかも。(ちなみに福岡は3年前地震に遭いました)個人的には、怖い思いをしました。

もう読まないと思った本は、売るように決めています。それで、いい塩梅に福岡では、ブックオカ(bookと福岡)という古本祭りがあります。

10月頃開かれます。今年で三回目になります。

参加料1000円払えば、誰でも、けや木通り、(福岡市で一番の高級ブティック店が並ぶ店でした)道の両側で箱(30センチx40センチ)に自分の本を詰めて売ることが出来るのです。

私は第2回目に参加しましたが、大変楽しかったです。今年も参加します。特に女性の参加者が多いです。お客も女性が多いですね。

地元のNHKのテレビや民放で告知され、年々盛大になっています。


ちなみに去年の私の本の売り上げは、30冊(英語の本)x100円=3000円。

高速代1200円+駐車代2000円
200円の赤字です。

私の古本を買ってくれたお客には、飴玉を2、3個上げました。飴玉付です。
利益なんか考えず本当に楽しかったです。
そうそう、古本屋さん(プロも参加出来ます)は確か5万ほど売り上げていました。



この古本祭りは、東京の不忍商店街の人からノウハウを習い、今では福岡の方が人気があるそうです。地元の出版社、大手の本屋も協賛しています。

けや木通り:勝手は高級ブティクの並ぶ店でしたが、福岡は本当の金持ちが少ないのか、今は少し衰退気味、街を活性化するためにこの古本祭りが始まりました。

健 高下駄 2008/06/19(Thursday)20:00:06 Edit
健 高下駄さま
  こんにちは

ブックオカのことをインターネットで調べてみましたら、とても素敵な催しなのですね。今まで知りませんでした。

たくさんの本に囲まれるだけでも、
幸せそうなイベントだなと思いました。

私も地震が来たら、本に埋もれそうです。
本は重いので整理するだけでも大変ですね。その点、洋書のペーパーバックは軽いからいいですね。

街を活性化するための古本祭り、うらやましいです。私の町にもあればいいのにな、と思います。

dream 2008/06/19(Thursday)21:14:21 Edit
Comments
[12/12 kiwi]
[02/16 数学マニア]
[11/12 高橋奏]
[07/23 まんぼう]
[06/14 管理人]



















































































 
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]