忍者ブログ

日記

  

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

久しぶりの通訳学校日記です。

前タームのクラスは(当然のことながら)進級に至らなかったので
同じクラスを懲りずにまた繰り返して受講しています。
すでに2週間ほど経ち、次の授業で 3回目です。

今回の通訳学校の特徴はまず、宿題の量が、すごく多い。

「30分間のスピーチを、同通できるように準備してくること。」
(読み原稿あり。音声と映像もネットで視聴可能。
テーマは環境。)

という宿題が 2週間続けてあったのですが、毎日毎日
原稿と格闘して、家でコツコツと同通できるように練習して、
やっと授業に行くというかんじです。

毎朝、通勤電車でも原稿にかじりつき、会社の昼休みは
ごはんを食べながら、ネットで音声を聞いて
コツコツ準備・・・。という日々が続いています。

以前、先生が「授業で使う原稿は、最低5回は家で
サイトラしてくること」とおっしゃっていました。

さすがに準備に時間をかければかけるほど
出来が違う、というのは納得です。ただ、その気力と時間の確保と
体力と集中力を持続させるのは、並大抵じゃないな~と
思ったりします。私はとくに修行中なので、準備の仕方が
効果的でないためか、毎朝出かけるときも
お化粧や身だしなみもそこそこに、大変な格好になりながら
あわてふためいてドタバタと出かけたりしているので、
「こんなにハードな生活がずっと続いたら、やばい」と思うくらいです。

準備のおかげか、先日のクラスのパフォーマンスでは
「よく準備してきていますね。」という言葉を先生からもらいました。
同時に、「準備無しでも、そのくらいのパフォーマンスが
出来ればいいのですが」という、きついコメントももらいました。

でも、自分で勉強したことを、一流のプロの方に直接見ていただいて
コメントしてもらう、という機会はよく考えたら、そうないことなので
授業を貴重な機会としてとらえようと思うようになりました。

全く同通初心者の私としては、ひとつの教材をとことん準備して
自分なりに同通のコツをつかむように研究していくことは
かなり役に立つなと思えてきました。

すぐスラスラ出来るはずもなく、最初は準備にすごく
時間がかかるのですが、石にかじりついてでも仕上げていってやる、
という意気込みで、毎回授業に挑んでいます。それから、ある程度たくさんの
ボリュームをいっきに仕上げるのって、けっこう力がつくな、と思いました。

通訳学校の授業がなかったら、絶対自分ではやらない!と思うような
しんどさなので、なんとかこの半年間、授業にひっぱっていってもらって
実力をつけたいと思います。

通訳学校の存在価値って、授業そのものより、
“どれだけ事前の準備を丁寧に真剣にやって毎回出席するか”
に尽きる、と改めて思います。
通訳学校なしで独学でできるかと言えば、独学では難しい。
学校に通いつつ、最終的な勉強は自分次第。
それが通訳学校の存在価値?なんだろうか。

あと、やったらやっただけ「伸びていく自分」というのも
本当に楽しいです。この半年間、がんばれ~わたし。

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
お互いがんばりましょう
  同通は本当に難しいですよね。最近ブースに入る機会も少しずつ増えてきて、ますますそれを実感しています。自分の悪いところはなかなか自分ではわからないので、授業で指摘を受けることがとてもプラスになると思います。私も今夏のワークショップで指摘されたことがとても参考になりました。現場でも浮足立ちそうになったら、そのときの先生の指摘を思い出して冷静になるように努めています。
ろーんうるふ URL 2007/11/03(Saturday)23:34:41 Edit
ろーんうるふさんへ
  ろーんうるふさん、コメントありがとうございます!!

現在、朝の5時半近くなりましたが、早起きして今日の宿題と
未だ格闘中です。時々孤独な戦いに疲れを感じてしまうことも
ありますが、こうやって実際に通訳の道を歩まれている方にメッセージを
もらうことで勇気が湧きます。ありがとうございます!今日も
がんばります!
dream 2007/11/04(Sunday)05:30:04 Edit
お互いがんばりましょう2
  初めて拝見させていただきました。
私も同通クラスに通いながら、社内通訳の仕事をしています。
実際社内では、パナガイド、ブースでの同通対応が大半を占めていますが、社内の慣れ親しんだトピックと経験で乗り切れる場面も多く、授業での同通のパフォーマンスは毎回見るも無残です(泣)
私は英文科出身でもないし、子供を二人出産した後、英検準一級を受けるところからはじめました。当時、もう通訳学校には通っていましたが…専修の一番下のクラスくらい…。かれこれ7年近く経ちますが、そんな私が曲がりなりにも"通訳"という肩書きを得て仕事しています。dreamさんの気合の入れ方を見て、こっちも身が引き締まる感じがしました。私は怠け者で、あきらめの悪さだけでここまで来たようなところがあるので(笑)
でも、腕一本で年齢が上がっても勝負できる!そんな実力を付けたい!との野望は消えません。クラリネットの話、勇気付けられました。私は歳はちょっと食ってますが、がんばります。お互いがんばりましょう~!
Mikarin 2007/11/10(Saturday)22:23:56 Edit
Mikarin さんへ
  コメントを書き込んでくださって、ありがとうございます!

私もまだまだ道半ばですが、山あり谷ありでへこたれそうな毎日です。
何かを成し遂げようと思ったら、本当に自分との戦いなんですね..。
でも自分で納得できるまで、がんばろうと思います。

Mikarinさんのご経験を聞かせて頂いて、うれしかったです。
子どもができてからでも更に頑張れるんだという勇気をもらいました。

また今後ともいろいろと教えてくださいね。よろしくお願いいたします。
dream
dream 2007/11/11(Sunday)06:33:32 Edit
Comments
[12/12 kiwi]
[02/16 数学マニア]
[11/12 高橋奏]
[07/23 まんぼう]
[06/14 管理人]



















































































 
Calendar
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]