忍者ブログ

日記

  

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当に、気合い入れなきゃーーー!!


人間ってのは、
いやだ、いやだ、つらい、つらい、
と思っていたら、だんだん気持ちもしんどくなるし、

心を入れ替えて前向きになれれば、
意外と何でも乗り切っていけるものだ、
とつくづく思う。

もちろん、ムリしてはいけませんが
ある程度の気合いは必要!

目標を持って頑張っているなら、
今やらなくて、どうする!!

人間、どうしてもラクなほうへ、
流されやすいものですが・・

・・やりたい勉強はたくさんある。

DVDで、映画やドラマを見ながら
リスニングと表現の勉強もしたいし、

読みたい洋書も山ほど家に積んであるし、

ニューズウィークも読みたいし、

日英の社説トレーニングもやりたい。


今やらずに、どうする!!!


がんばろう!
がんばろう!

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
  あ~
私もがんばります。
やること一杯課題一杯ですものね。
でもすすまなーい!
肩こり痛~い・・・

なさけないコメントですみません。

dreamさん、retantionいつから
できるようになったんですか?
最初から?
私はだいぶつまづいちゃってます。
kk 2008/03/13(Thursday)10:18:15 Edit
kkさんへ
  kk さんへ

私も、ずっとリテンションが苦手でした。
リテンションができるようになるためには、リスニング力や、理解力など、
総合的な英語力のアップが必須だと思ったので、最初は
リテンションにこだわらず、リテンションの練習もしませんでした。

そのぶん、リーディングで理解力を鍛えたり、あるいは、
自分自身のスピーキング力を鍛えることによって、
自然にリテンションができるようになってきたと思います。

講師の先生に言われたことなのですが、

「聞いたときに分かったつもりなのに、いざリテンションしようとすると
何を言っていたのか、すぐに忘れてしまう」
という場合、実は最初に聞いたとき、本当に聞けていない、理解できていない
のだそうです。
本当に理解しているのならば、そんなにすぐには忘れないのだそうです。

kk さんは、授業などで今すぐリテンションをされる必要があるのでしょうか。
たぶん、リテンションはその練習だけをいくらやっても
すぐ目に見える結果が出るのは難しいような気がします。逆に言えば、
普段の他のトレーニングをしていれば、必ずできるようになると思います。

私の場合は、あまりリテンションにこだわりすぎると
あまりの出来なさに心が折れそうに(笑)
なっていたので、あまり考えないようにしていました。

でも、授業などで行われるのならば、仕方ないですよね~。あまりお役に立てなくてごめんなさい。
dream 2008/03/13(Thursday)13:42:54 Edit
無題
  お忙しいのにコメント丁寧にありがとうございます。

そう、私はまだまだ英語の総合力が全然足りてないのです。
ここのところかなり頑張って勉強しているつもりですが、
自分では伸びが見えないものですよね。
自分が伸びているのだと信じて
やりぬくしかないですね!
私も寝る前にちょっとでも
ニューズウイーク読んでから寝ます^^
がんばりましょうね!
kk 2008/03/13(Thursday)23:07:54 Edit
kkさんへ
  そうなんですよね~

自分では努力しているつもりなのに、なかなか成果ってあらわれなくて、苦しみます・・

↑上のコメントでは、エラそうに講師から言われた事を書いたけど、私自身がまだまだ全然できていなくて、力不足を痛感する日々です。

でも、毎日少しずつでも進歩していることを信じて、頑張ります!一緒にがんばりましょうね!!!
dream 2008/03/13(Thursday)23:35:20 Edit
Comments
[12/12 kiwi]
[02/16 数学マニア]
[11/12 高橋奏]
[07/23 まんぼう]
[06/14 管理人]



















































































 
Calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]