忍者ブログ

日記

  

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

↓ ひとつ前の記事にコメントを寄せて頂きまして
ありがとうございます。

これを機会に、私が思う「日英のための音読」
について少し書いてみたいと思います。
個人的な体験のひとつですので
不備な点はあるかと思いますがどうぞご容赦ください。
(私は海外生活経験がない「純国産」の
英語学習者なので、その視点で書いています。)

 -----------------------------------

まず、日英のスタート地点において、必要なことは
難解な表現や入り組んだ構文は使わず、
できる限りシンプルで、誰が聞いても分かりやすい文章を
柔軟に作り、リズムよく発話できるよう
存分にトレーニングするということです。

使う単語もシンプルで、
基本動詞をいかに多くの場面で柔軟に使いこなせるか、
文章に流れを与える副詞や接続詞をいかに
豊かに使えるか、これが第一歩だと思います。

このとき参考にすべきは、辞書ではありません。
生の英語です。
ふだん何気なく目にしている英語でも
注意深く見れば、基本動詞をうまく使って
実に多様なことを豊かに表現している文章がたくさんあります。
それをひとつでも多く見つけ出すことです。
それを日英に活かします。


この段階で、教材となるのは
難しい記事や論文ではありません。
もっと平易なものです。
一読して意味がすっきり分かるくらいの
読みやすいものです。
普段は難しい社説やタイムなどに
挑戦していたとしても、思い切って
教材のレベルを下げてみるのも、一考です。

かといって、中身がくだらなかったり
現実に使えない表現ばかりだったら
せっかく勉強しても意味がありません。

私なりにいろいろ探して、
読みやすくて、表現の役にも立ちそうだと思ったのは
ビジネス関係の本(企業家のサクセスストーリー)や、
セルフヘルプ系(自己啓発)のペーパーバックなどです。

 -----------------------------------

自分のお気に入りの読みやすそうな洋書を見つけたら
それを感情込めて音読します。
これが肝要です。
小説ならばまるで自分が主人公かナレーターにでも
なったかのように、「なりきって」読む。
存分に想像力をはたらかせて
完全に「なりきって」音読します。

そうやって音読していて
英語の微妙なニュアンスが分からなくて
話の筋がいまいち理解できない、と思ったら
ここで妥協してはいけません。
ここで「分かったフリ」をして先に進んで
自分をだましていたらいつまで経っても上達しません。

翻訳本を買ってきて横に並べながら
つき合わせて内容を確認して音読します。
(もし「翻訳本は邪道だ」とか
「翻訳本ってあまり好きじゃないんだよねー」
といった類の観念を持っていたら、その概念はここでは
いったん捨てる。
私の経験では、翻訳本が意外に役立ちました)


音読の抑揚のつけ方に自信がないと思ったら
オーディオブックを手に入れて聴いて参考にする。

間違っても本を頭から終わりまで全てやろうとは思わない。
絶対、無理だから。
自分が気に入った箇所だけでいいから、何度もやる。

そして音読しながら
「この表現は日英でどう使おう?」と
常に頭で考えて、表現を盗もうとする。

英語の文章から、日英で使えそうな表現を逆輸入する。

洋書じゃなくても、ニューズウィークでもニュース記事でもなんでもいい。

とにかく
① 内容を完全に理解していること(対訳があればおおいに参考にする)
② なりきって音読する(自分の声は録音して、チェックする)
③「日英でどう使えるか」頭の中でシミュレーションしながら読む

これがパターンです。

基本はこのようなかんじだと思っています。

通訳学校の授業では、難しいスピーチの日英や
社説の日英の練習もしますが、
基本的には上のやり方で、教材を変えていくことによって
できるようになると思います。

 -----------------------------------

もちろん
日英練習において一番大切なのは、言わずもがな

「伝えようとする気持ち」です。

相手がいることを想定して、
伝えようとする気持ちが必要です。

無機質な音読はいくらやっても意味がないです。

この志を常に強く持って練習することが、
最も難しくて、最も大事なことだと思います。


 

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ありがとうございました
  とても参考になりました。きっとご自分で迷ったり試行錯誤なさりながら到達されたのであろう方法を、気前よくブログで公開してくださって本当にありがとうございます。心から感謝いたします。「志を常に強く持って練習することが、最も難しくて、最も大事なこと」。本当にそうですね。私もがんばります。
Sun and Snow 2008/07/19(Saturday)04:58:27 Edit
なるほど!
  実は、日英の勉強法はいまいち分からなくて、音読も何度も挑戦しましたがいつも眠くなって長続きしませんでした。教材が難しすぎたこと、感情を込めて読むこと、等、ポイントが良くわかりました。本当に気前よく公開してくださってありがとうございました。私も心から感謝しております。
mika 2008/07/19(Saturday)06:01:33 Edit
感謝感謝
  知的な大盤振る舞い。
それも無料。
ただただ感謝、感謝です。

早速やってみます。
健 高下駄 2008/07/19(Saturday)07:16:29 Edit
ありがとうございます
  とんでもないです。これからももっと精進します!

dream
dream 2008/07/27(Sunday)19:51:59 Edit
Comments
[12/12 kiwi]
[02/16 数学マニア]
[11/12 高橋奏]
[07/23 まんぼう]
[06/14 管理人]



















































































 
Calendar
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]