忍者ブログ

日記

  

    

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


先日、会社で突然
「dreamさん、英語の電話がかかってるから
ちょっと出てくれる?」と私に
外線が転送でまわってきた。

どこの誰からか分からない状態で、電話応対することに。

出てみると若い女性で、なんだか早口で
キャンキャン英語を喋るタイプの人。

とりあえず私は、相手の名前と用件を聞こうとするが
向こうは一方的にまくし立てるだけで
ロクに名前も名乗らない。

(お客様なら丁寧に対応すべきだけど、
この電話はちょっとあやしい)
と思いつつ、

相手がキャンキャンまくし立てるので、
とりあえずしばらくじっと聞く。

そして、一言
「おっしゃっている意味が分かりません」
と落ち着いて私が言う。

向こうは
「あなたの会社は○○を取り扱っているんでしょ?」
「ボスと話がしたいから、ボスに代わって」
と激しく主張しているのだ。

でも、ウチの会社は○○を取り扱っていない。

私が何を言っても、ボスに代われの一点張り。

(さすがに、失礼な電話だなあ)と思う。

(そもそも、うちのビジネスに関係のある電話なら
事業部あてにかかってきていいはずなのに、
総務部あてにかかってきている時点で少しあやしいのだ)

こんなヘンな電話を忙しいボスに簡単にまわせる訳ない。

そこで思い切って、反撃(?)に出る。

「つまり、私にはこの電話の意図を尋ねることはできない
ということですか?」と聞く。

そして、
「あなたは“うちの会社が、○○を取り扱っているかどうか”
をお尋ねになっているのですか?
だとしたら、その答えはノーです。」
と言った。

すると相手はすぐに「オーケー。バーイ」と言って切ってしまった。
私も「バーイ」と言って電話を切った。

何だったんだ、今のは・・。


電話を切ってから、ふと思ったんだけど、
私はふだん、おとなしくて、にこにこしていて、
決して人に厳しいことを(少なくとも外では)
言ったりしないのに、
英語だとどうして、こんなにキビキビした対応を
取れたのだろう。

単に歳を取ったせいなのだろうか、それとも
英語を勉強していて自ずとそうなったのか。

日本語だったら、さすがにもう少しソフトに
感じよく対応できるのに・・。少しショックだわ。


《この電話でわかったポイント》

・多くの外国の人は自分の主張をはっきり言うので
 最初はとりあえず、じっと聞く。
 
 その上で、落ち着いて
 Can I ask a question?
 と静かに切り出す。

・相手のポイントをこちらで整理して、
 「つまり、あなたがおっしゃってるのは、こういう
 ことですか?」と質問形式で聞く。
 それに対する答えを、相手にイエスかノーで答えてもらう。
 そのほうが内容に食い違いが少ないと思う。

それにしても、はあ、疲れた。

拍手[0回]

PR

Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comments
[12/12 kiwi]
[02/16 数学マニア]
[11/12 高橋奏]
[07/23 まんぼう]
[06/14 管理人]



















































































 
Calendar
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Script:Ninja Blog 
Design by:タイムカプセル
忍者ブログ [PR]